カーシェアチャイルドシート

カーシェアを利用するとき、チャイルドシートは借りられるのでしょうか?

この記事では、

カーシェア各社のチャイルドシート設置状況
購入におすすめのチャイルドシート

について詳しく紹介していきます。

各カーシェアのチャイルドシート設置状況は?

大手カーシェアである、「カレコ」「タイムズカーシェア」「オリックスカーシェア」のチャイルドシート設置状況について見ていきます。

結論から言うと以下になります。

各カーシェアのチャイルドシート
  • どのカーシェアでもジュニアシートは全車両に搭載されている
  • カレコのみ「チャイルドシート搭載車両」「無料レンタル制度」あり

ジュニアシートに関しては、どのカーシェアでもすべての車に搭載されています。

チャイルドシートに関しては、カレコのみ一部設置されている車があり、無料レンタル制度もあります。

詳しく見ていきましょう。

カレコのチャイルドシート設置状況

カレコチャイルドシート対応状況

チャイルドシートに関して、対応状況が一番良いのがカレコです。

カレコのココが良い!
  • チャイルドシート搭載車両あり
  • チャイルドシートの「無料レンタル制度」あり


カレコには、チャイルドシートが設置されている車両があります。

カレコチャイルドシート
出典:カレコ

チャイルドシートが車についていたらすごく便利ですよね!

チャイルドシート設置車両のあるカレコのステーションは、東京都・神奈川県に50箇所以上

カレコのチャイルドシート設置車両ステーション一覧はこちら

 

現在は関東圏のみですが、設置車両はこれからも増えていくと思われます。

全国に拡大してくれると嬉しいですね。

また、カレコには、チャイルドシートの無料貸出制度があります。

三井のリハウス店舗などでレンタルすることができるんです。

レンタル可能な店舗は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・京都府・兵庫県に40箇所以上

カレコのチャイルドシート貸出店舗一覧はこちら

 

レンタル手順は以下になります。

カレコチャイルドシートレンタル手順
  1. カレコサポートセンターに電話して予約する
  2. 予約完了メールを保存
  3. 利用当日、店舗でメールを提示し、チャイルドシートを借りる

カーシェア利用当日に受取・返却ができない場合は、前日や後日にずらしてもらうことも可能です。

えり

無料で借りられるのはありがたい!

ジュニアシートは全車両に搭載されています。

カレコジュニアシート全車両に搭載

トランクにあるので、利用時にすぐに使えて便利です。

カレコカーシェアジュニアシートはトランクにある

カレコのジュニアシートの利用対象は以下になります。

  • 対象:4歳から10歳ぐらいまで
  • 身長:135cm以下
  • 体重:15kg以上

小学生のお子さんなら、標準搭載されているジュニアシートで十分対応できます。

タイムズカーシェアのチャイルドシート設置状況

タイムズカーシェアチャイルドシート対応状況

タイムズカーシェアでは、チャイルドシートが搭載されている車両はありません。

現在、東京都にある4つのステーションでのみ、オプションとしてチャイルドシートを借りることができます。

タイムズカーシェアチャイルドシートオプション2
出典:タイムズカーシェア

レンタル料金は1回1,080円。

対象ステーションは以下の4箇所のみです。

  • タイムズカー有楽町イトシア
  • タイムズカー東京ガーデンテラス紀尾井
  • タイムズカー五反田
  • タイムズカー六本木

オプションでレンタルするには、パソコンまたはスマホからの予約画面でチャイルドシートを選択します。

タイムズチャイルドシートレンタル手順
  1. PCまたはスマホの予約画面に入る
  2. チャイルドシートオプションのあるステーションを選択する
  3. オプションで「チャイルドシート」を選択する

チャイルドシートオプション選択画面1

1回に2台までチャイルドシートを借りることができます。

タイムズカーシェアでも、ジュニアシートは全車両に搭載されています。

タイムズジュニアシート

タイムズの公式サイトでは、ジュニアシートの利用対象は、

・年齢の目安:4歳から10歳ぐらいまで

と記載されています。

オリックスカーシェアのチャイルドシート設置状況

オリックスカーシェアチャイルドシート対応状況

オリックスカーシェアでは、チャイルドシートが搭載されている車両はありません。

また、チャイルドシートのレンタル制度もありません。

公式サイトにも、「チャイルドシートは、会員さまご自身でご用意いただきますようお願いします。」という記載があります。


ジュニアシートは全車両に搭載されています。

オリックスカーシェアジュニアシート装着

オリックスカーシェアジュニアシート

オリックスカーシェアの公式サイトでは、搭載ジュニアシートについて以下のように説明がありました。

  • 対象:3歳から10歳ぐらいまで
  • 身長:100から138cm
  • 体重:15~36kgくらい

各カーシェアのチャイルドシート設置状況まとめ

カレコ、タイムズカーシェア、オリックスカーシェアのチャイルドシート設置状況を一覧にまとめます。

カレコカーシェアロゴカレコ タイムズ オリックスカーシェアロゴオリックス
ジュニアシート ○(全車) ○(全車) ○(全車)
チャイルドシート 一部搭載車両&
無料レンタルあり
オプションレンタルあり ×
ベビーシート × × ×

ジュニアシートに関してはどのカーシェアでも全車搭載されています。

チャイルドシートが搭載されている車両があるのはカレコだけ。

カレコは、搭載車両の他にもチャイルドシートの無料レンタルを制度があるので便利です。

カーシェアにおすすめのチャイルドシートは?選ぶポイント

近所のカーシェアにチャイルドシート搭載の両があればすごく便利ですが、現在はまだ一部の車のみ。

レンタル制度もありますが、家から遠いと実際に利用するのは難しいですよね。

かといって、車がないのに大きなチャイルドシートを家に置いておくのは負担になります。

私もカーシェアを利用する前はチャイルドシートをどうすべきか悩みましたが、コンパクトタイプのチャイルドシートを購入することで解決しました!

えり

今は軽量で持ち運びしやすいシートがたくさんあります!

カーシェアで使いやすいチャイルドシートを選ぶポイント以下になります。

チャイルドシートを選ぶポイント
  • コンパクトで軽量なもの
  • 安全基準であるEマーク認定がされているもの

カーシェアで使いやすいのは、コンパクトで軽いもの

自宅に置いておくことも多いので、コンパクトタイプがおすすめです。

そして取り付け、取り外しがしやすいものが良いですね。

そして、ただコンパクトなだけではなく、安全基準をしっかり満たしていることもシートを選ぶ絶対条件になります。

チャイルドシートの現行の安全基準に適合しているものには、製品にEマークが添付されています。

出典:国土交通省

さらに、最近では、以下のようなヨーロッパで定められた安全規則が国際的な安全基準になっています。

  • UN R44/04
  • ECE R44/04
  • UN-R129

Eマークや、これらのマークがついている安全なものを選びましょう。

このことを踏まえて、持ち運びしやすいおすすめのチャイルドシートを紹介します。

日本育児「トラベルベストECプラス」

我が家が愛用しているのは、日本育児の「トラベルベスト」です。

チャイルドシートコンパクトで持ち運びしやすい

トラベルベストはとってもコンパクトで、重さはたった2.9kg

折りたたんで収納袋に入れて持ち運びができるので、すごく楽チンです。

チャイルドシート折りたたみ

チャイルドシート折りたたんで袋収納

取り付け、取り外しも簡単にできます。

チャイルドシートの安全規格であるECE-44にも合格しているので、安心して使うことができます。

ISO FIX固定方式のタイプもあります。

ISO-FIXの規格に準拠したタイプなら、より簡単に装着することができます。

アップリカ「スムーヴ TS インファントカーシート」

アップリカの「スムーヴ TS インファントカーシート」は、1台5役の働きをしてくれるシート。

新生児から使うことができます。

アップリカ_スムーヴ TS インファントカーシート
出典:アップリカ
アップリカ_スムーヴ TS インファントカーシー3
出典:アップリカ

専用の「スムーヴ TS インファントカーシート ベース」と組み合わせることで、チャイルドシートとして利用することができます。

2.6kgという国内最軽量の軽さ

持ち運びしやすくて良いですね。

スマートキッズベルト

スマートキッズベルトは、シートベルトに装着することのできる、子供用ベルトです。

スマートキッズベルト
出典:FNNPRIME

シートベルトに取り付けるだけで、チャイルドシートの代わりになります。

欧州・米国で「EU ECE R44 04 / US FMVSS 213」のクラッシュテストをクリアし、安全基準を取得。

日本でもEマーク認定されているので安心して使うことができます。

スマートキッズベルトの重さはわずか120g

バッグに入れて持ち運び出来るのが良いですね。

対象年齢は3歳~12歳となっています。

チャイルドシートをレンタルする方法も

「期間限定だから購入はしたくない」という場合は、チャイルドシートをレンタルするという方法もあります。

レンタルならお子さんの成長に合わせてシートを借り換えることができるので便利ですね。

ダスキンの「かしてネッと」では、いろいろな種類のベビーシートやチャイルドシートをレンタルすることができます。

ダスキンかしてネッとチャイルドシートレンタル
出典:かしてネッと

例えば、Combiの新生児用チャイルドシートの場合、1ヶ月レンタルの料金は2,700円になります。

ダスキンかしてネッとチャイルドシート1
出典:かしてネッと
9泊10日 2,430円
1ヶ月 2,700円
2ヶ月 5,400円
3ヶ月 6,480円
4ヶ月 7,560円
5ヶ月 9,450円
6ヶ月 9,720円

ダスキンの他にも、数日~数ヶ月単位でレンタルできる業者がたくさんあります。

レンタルも返却も郵送でできるものを選べば店舗に足を運ぶ必要がなくて便利ですね。

その他、住んでいる県や区によっては、チャイルドシートレンタルの斡旋があったり、交通安全協会で有料・無料のレンタル制度がある場合があります。

住んでいる地域の区役所や交通安全協会のホームページなどで確認してみましょう。

チャイルドシートの設置状況とおすすめシートまとめ

どのカーシェアでも、4歳頃から使えるジュニアシートは全車両に搭載されています。

チャイルドシート搭載の車があるのはカレコだけ

カレコでは無料レンタル制度もあって便利です。

最近では安全基準をしっかり満たしたコンパクトタイプのチャイルドシートもたくさんあります。

カーシェア用に購入しても置き場所や持ち運びに困らず良いですよ。