カーシェアの保険は無料か各社の補償内容比較

短い時間から利用できて、料金もおトクなカーシェア。

でも、利用時に事故やトラブルが発生した場合の保険はどうなっているのでしょうか?

何かあった場合に補償がないとすごく困りますよね。

この記事では、

カーシェアの保険料について
補償内容について

詳しくまとめていきます。

タイムズカーシェア・カレコ・オリックスカーシェアの補償内容の比較や、オプションの補償サービスについても解説していきます。

カーシェアは保険料が無料!補償が利用料金に含まれている

カーシェアでは、何かあったときの保険・補償が利用料金に含まれています。

よって、保険料は基本的に無料です。

利用料金に含まれる補償は以下になります。

カーシェアの補償内容
  • 対人補償
  • 対物補償
  • 車両補償
  • 人物障害補償
対人補償 他人を死亡させたり、けがをさせたりした場合の補償
対物補償 他人の物や車に損害を与えた場合の補償
車両補償 タイムズカーシェアの車両に損害があった場合の補償
人物障害補償 自分や同乗者が死傷した場合の補償

利用料金に保険が含まれているから、安心して使うことができますね。

 

自動車保険は利用料金に含まれていますが、事故やトラブルが起きた場合には以下のような料金が発生します。

トラブル時に発生する料金
  • 車が使えなくなった場合のNOC(ノンオペレーションチャージ)
  • バッテリー上がりや汚損などによるペナルティ料金

タイムズカーシェア、カレコ、オリックスカーシェアの補償やオプションサービスについて詳しく見ていきましょう。

タイムズカーシェアの保険:補償内容や注意点は?

タイムズカーシェア自動車保険と補償

タイムズカーシェアでは、利用料金に以下の補償が含まれています。

[補償内容] [補償額]
対人補償 無制限 (自賠責保険 3千万円を含む)
対物補償 無制限 (対物免責額 0円)
車両補償 時価額 (車両免責額 0円)
人物障害補償 無制限

対人補償や人物障害補償が無制限でついているので安心ですね。

ただし、以下の場合には補償が受けられなくなるので注意が必要です。

補償が受けられない場合
  • 会員以外・追加運転者登録をしていない人の運転
  • 事故の無申告・虚位申告
  • 警察へ不届・相手方と直接示談した場合
  • 飲酒運転などの法令違反
  • 車両返却後の事故報告
  • 無断延長している場合

無断延長している場合や、車両返却後に事故を報告した場合には補償が受けられなくなります。

その他、貸渡約款に違反がある場合には補償が受けられないだけでなく、会員資格を取り消されることもあります。

ルールをしっかり守って利用するようにしましょう。

NOC(ノンオペレーションチャージ)とペナルティ料金

事故などにより「車が使えない期間」が発生した場合、NOC(ノンオペレーションチャージ)という営業補償料が発生します。

これは事故だけでなく、忘れ物をした場合や、車を汚してしまった場合にも当てはまります。

タイムズカーシェアのNOC料金は以下になります。

項目 内容 金額
事故時 自走可能の場合 NOC(2万円)
自走不能の場合 NOC(5万円)
忘れ物 弊社が忘れ物を回収する場合 実費+NOC(2万円)
汚損 煙草の臭いの除去 実費+NOC(2万円)
ペットの毛や臭いの除去
嘔吐された場合、灯油を積載した場合の清掃ならびに臭い除去
ごみの回収
紛失 駐車パスカード(定期券) 実費
キー(車両) 実費+NOC(2万円)
キー(キーボックス)
ガソリンカード 実費
ガソリンキャップ
アンテナ
その他
乗り捨て 故意に乗り捨てたもの 実費(保管料+移動費)+車両を弊社で定位置まで戻した時間までの延長料金
降雪で車両を戻せない場合の移動費 25,000円
バッテリーあがり ご利用中に発生した場合 実費
混油 油種を間違えて給油された場合 実費+NOC(2万円)
車両内破損 スイッチ類など 実費+NOC(2万円)
破損 タイヤ 実費
緊急対応 窓の閉め忘れ 5,000円(緊急出動費)+車両損害や第三者からの損害賠償請求があった場合にはその実費
ライト類の消し忘れ
停め直し(返却場所間違い・車枠はみだし等)
駐車券入庫
その他、弊社が現地対応を行う場合
その他 稼働を停止し修理した場合 実費+NOC(2万円)

出典:タイムズカーシェア

忘れ物をしてタイムズカーシェアに回収をお願いした場合や、車内をひどく汚してしまった場合、「実費+NOC料金2万円」が必要になります。

窓の締め忘れやライトの消し忘れでも、「緊急出動費」が発生してしまいます。

利用時には確認をしっかり行う必要がありますね。

タイムズカーシェアのオプション補償サービス

タイムズカーシェア安心補償サービス2

何かあったときに多額のNOC料金がかかるのは心配ですよね。

タイムズカーシェアでは、オプションで「安心補償サービス」というものがあります。

安心補償サービスは、毎回の利用時に加入の有無を決めることができるサービスで、加入料金は1回につき309円です。

安心補償サービスに入ることで、以下のNOC料金や実費を免除することができます。

タイムズカーシェア安心補償サービス
出典:タイムズカーシェア
安心補償サービス加入で免除になるもの
  • 事故を起こした場合のNOC料金(2万円または5万円)
  • タイヤがパンクしたときの実費金額
  • バッテリーがあがったときの実費金額
  • キーを車内に閉じ込めてしまった場合の実費金額
  • ガス欠が発生した場合の実費金額
  • レッカー車が必要になったときの費用

キーを車内に閉じ込めてしまったり、バッテリーがあがってしまうというのは意外とよく起きるもの。

309円でこれだけの安心を得られるのはありがたいですね。

カレコの保険:補償内容や注意点は?

カレコカーシェア自動車保険と補償内容

カレコでは、利用料金に以下の補償が含まれています。

[補償内容] [補償額]
対人補償 無制限 (自賠責保険 3千万円を含む)
対物補償 無制限 (対物免責額 0円)
車両補償 時価額 (車両免責額 0円)
人物障害補償 1名につき上限6000万円(無保険車傷害2億円)

対人補償・対物補償は無制限、人物障害補償は上限6,000万円まで補償されます。

以下の場合には補償が受けられなくなるので注意が必要です。

補償が受けられない場合
  • 会員以外・登録運転者以外の運転
  • 事故の無申告・虚位申告
  • 警察へ不届・相手方と直接示談した場合
  • 飲酒運転などの法令違反
  • 車両返却後の事故報告
  • 無断延長している場合
  • タイヤのパンク・バーストによる修理
  • 鍵の紛失や車両装備等の故障 

無断延長している場合や、車両返却後に事故を報告した場合には補償が受けられなくなります。

NOC(ノンオペレーションチャージ)とペナルティ料金

カレコのNOCとペナルティ料金は以下になります。

項目 金額
事故 自走可能:20,000円
自走不可能:50,000円
シェアカーのサービスを停止 20,000円
緊急出動 8,000円/回+実費
パスカード、給油・洗車カード紛失 再発行手数料4,000円/枚
車両放置 50,000円+回収等に係る実費全額
駐車違反金 25,000円
違反金
車両情報システムの機器の不正操作など
50,000円

緊急出動の例には、ライトの消し忘れや窓の閉め忘れ、ステーション設置物の破損などがあります。

カレコのオプション補償サービス

カレコカーシェアトラブル安心サポート

カレコには、オプションで「トラブル安心サポート」というものがあります。

加入料金は、1回の予約(24時間以内)で324円です。

24時間以内の予約 324円/1予約
24時間超え~48時間以内の予約 648円/1予約
48時間超え~72時間以内の予約 972円/1予約

トラブル安心サポートに加入することによって、以下の費用が免除になります。

トラブル安心サポート加入で免除になるもの
  • 営業補償(NOC料金):2万円/5万円
  • タイヤがパンクしたときの実費
  • バッテリーがあがったときの実費
  • キーを車内に閉じ込めてしまった場合の実費
  • 緊急出動費:8,000円
  • タイヤパンク等における搬送費 

オプションで加入しておくことによって、より安心して車を利用することができますね。

オリックスカーシェアの保険:補償内容や注意点は?

オリックスカーシェア自動車保険と補償内容

オリックスカーシェアでは、利用料金に以下の補償が含まれています。

[補償内容] [補償額]
対人補償 無制限 (自賠責保険 3千万円を含む)
対物補償 無制限 (対物免責額 0円)
車両補償 時価額 (車両免責額 0円)
人物障害補償 1名につき上限3,000万円

対人補償・対物補償は無制限、人物障害補償は1名につき上限3,000万円まで補償されます。

ただし、以下の場合は補償が受けられなくなります。

補償が受けられない場合
  • 事故時に警察・オリックスカーシェアへの連絡など所定の手続きをしなかった場合
  • 無断で示談した場合
  • 登録者以外の運転
  • 飲酒運転などの法令違反
  • 天災や故意による事故 など

NOC(ノンオペレーションチャージ)とペナルティ料金

オリックスカーシェアのNOCとペナルティ料金は以下になります。

項目 金額
事故 自走可能:20,000円
自走不可能:50,000円
忘れ物 5,000円+実費
車両の汚損 車内消臭やシートクリーニングが必要:50,000円
クリーニング以外の車内清掃:8,000円
正しく駐車していない 6,000円
消灯忘れ 8,000円+バッテリー交換10,000円
駐車券取り間違え 10,000円
備品紛失 20,000円
車両の放置 実質相当額×300%

返却時に同じステーション内で駐車枠を間違えた場合や、ライトの消し忘れでも実費が発生してしまうので注意が必要です。

オリックスカーシェアのオプション補償サービス

オリックスカーシェアオプション保険サービス

オリックスカーシェアには、オプションの補償サービスはありません。

その代わり、保険に加えて以下のロードサービスが利用料金に含まれています。

30分程度の応急処置 キー閉じこみ時の鍵開け
利用中のバッテリー上がり時のジャンピング
パンク時のスペアタイヤへの交換作業 他
燃料切れ時の緊急お届け 

30分程度の応急処置の場合は、無料で対応してくれるのでありがたいですね。

しかし、それ以外の処置に関しては実費負担になってしまうので注意しましょう。

【まとめ】各カーシェアの保険・補償額を比較

各社の補償内容を一覧表にまとめます。

どのカーシェアでも、保険料は利用料金に含まれているので無料です。

  タイムズ
カレコ
カレコカーシェアロゴ
オリックス
オリックスカーシェアロゴ
対人補償 無制限 無制限 無制限
対物補償 無制限 無制限 無制限
車両補償 時価額 時価額 時価額
人物障害補償 無制限 上限6,000万円 上限3,000万円
オプション補償サービス あり
(309円)
あり
(324円)
なし

補償内容はどこもほぼ同じですが、人物障害補償に関しては、タイムズが「無制限」で一番手厚くなっています。

また、タイムズとカレコでは、利用時にオプションの補償サービスに加入することができます。

オプションを付けることによって、NOC料金や緊急出動費などのペナルティ料金も補償されるので安心ですね。

オリックスカーシェアにはオプションの補償サービスはありません。

その代わり、キーを車内に閉じこめてしまった場合やバッテリーが上がってしまった場合などの応急処置の補償は利用料金が含まれています。

カーシェアは保険料が無料!安心して利用しよう

カーシェア保険料無料と補償内容まとめ

カーシェアリングの利用料金には、自動車保険料が含まれています。

15分単位の短い時間からお手軽に借りることができ、自動車保険まで含まれているのはとてもありがたいですね。

遠出をする場合や長時間利用する際には、オプションの補償サービスに加入しておくとより安心です。